一般社団法人ICT-ISAC

2018年2月19日
一般社団法人ICT-ISAC

無線LANの安全利用とマルウェア対策のセミナー(仙台・名古屋)の開催について

 一般社団法人 ICT-ISAC(アイシーティ・アイザック)【所在地:東京都港区、 理事長:齊藤忠夫、 以下、ICT-ISAC Japan】は国内のISPを含む通信事業者に加え、放送事業者、ソフトウェアベンダー、情報提供サービス事業者、情報関連機器製造事業者等、幅広い分野の会員と連携しサイバーセキュリティの観点から安全な情報通信技術(ICT)社会の形成に寄与する活動を推進しております。

 ICT-ISAC Japanでは2018年3月9日(金)に仙台にて、3月13日(火)に名古屋にて、無線LANの安全利用とマルウェア対策のセミナーを開催することとなりました。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

■開催概要

セミナー名 ICT-ISACセキュリティセミナー
― 無線LANの安全利用とマルウェア対策―
日時 仙台: 2018年3月 9日(金) 14:00 – 16:00
名古屋: 2018年3月13日(火) 14:00 – 16:00
会場 仙台: 仙都会館5階B会議室
名古屋:オフィスパーク名駅プレミアホール 403AB
参加費 無料
申込方法 添付の仙台会場詳細名古屋会場詳細を参照の上、電子メールにてお申込みください。
講演内容 講演1
「無線LANの安全な利用にむけて」
無線LANの利用環境が整いつつありますが、利用者・設置者が無線LAN利用時のセキュリティ上の脅威を認識しないまま、安全でない状態で無線LANを利用している懸念があります。安全に無線LANを利用するため、利用者・設置者がすべきセキュリティ対策を説明します。

講演2
「マルウェア対策支援プロジェクト(ACTIVE)について」
昨今、マルウェアは、ホームページを閲覧するだけで感染するなど、その感染手法が高度化・巧妙化しており、インターネット利用者は、自身で感染を認識し、対応することが難しくなっている状況にあります。総務省および、ISP事業者、セキュリティベンダ等の事業者によるマルウェア対策の官民連携プロジェクト(ACTIVE)の取り組みを説明します。