一般社団法人ICT-ISAC

理事長挨拶

 21世紀に入って情報通信技術(ICT)の普及・発展とその社会への浸透は著しく、社会・経済活動、日常生活などのあらゆる活動がICTに依存するようになっています。こうした背景の下、情報セキュリティの脅威は、巧妙化・複雑化し、社会の深刻な問題になっています。今後IoT(Internet of Things)によって産業全体をICT化し、産業競争力を高めようとする国際競争も進んでいます。この場合には様々な機器の間で情報を流通する際のIoTセキュリティの確保が重要な課題となります。

 セキュリティの脅威はネットワークを通しての攻撃によってもたらされることが多いことから、従来、対策はネットワーク事業者を中心に行われてきました。しかし、ICT環境が高度化・複雑化する中で、情報セキュリティの脅威への対応レベルを向上するためには、さらに広い範囲の協力が求められます。そこで、今般、ICTに関わるさらに幅広い企業・団体と協力連携し、安全なICT社会の形成に寄与することを目的として、「ICT-ISAC」を設立致しました。

 「ICT-ISAC」は、これからのネットワークのセキュリティ確保のために、ISPを含む通信事業者、放送事業者、ソフトウェアベンダー、情報提供サービス事業者、情報関連機器製造事業者を含む幅広い分野の方々とのご協力を基本として活動します。多様な事業者が情報収集・分析および対応について情報共有し、業界の枠を超えて連携・協調する組織として脅威に対処します。「ICT-ISAC」は日々変貌する情報セキュリティの脅威に立ち向かうことで、安全なICT環境の充実を図り、ひいては日本における高度ICT社会の更なる発展に寄与してゆく所存です。

今後とも、関係者皆様の温かいご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2016年6月21日
一般社団法人ICT-ISAC
理事長  齊藤 忠夫